« 今日のお仕事(一日中)+コカコーラC2感想 | トップページ | 今日のアニメ1(ふたりはプリキュア #17) »

2004.06.10

今日のお昼アニメ(美鳥の日々 #7)

★コミック 既刊1~6巻 7巻は2004年6月18日頃発刊予定

★DVD
美鳥の日々 Memory1 定価: ¥12,600 (税込) 発売予定日 2004/07/23
美鳥の日々 Memory2 定価: ¥10,290 (税込) 発売予定日 2004/08/27
美鳥の日々 Memory3 定価: ¥10,290 (税込) 発売予定日 2004/09/24

綾瀬があの手この手で正治にアタックする話。当然結果は成果ゼロ。綾瀬…可哀相過ぎ。正治…蝶鈍過ぎ。この鈍さ蝶特大ですぞ(笑)。今回も要所要所でうるうるしまくったりショック受けている美鳥の表情が素晴らしいのです。綿密な計画のアタックよりも「偶発的なアクシデント」の方が劇中のキャラにも見ている側にも強いインパクトをもたらすのは自然の摂理でしょうか?。沢村が写っている写真を見られて焦る綾瀬とか結局長湯にのぼせて沢村の目の前でぶっ倒れちゃう綾瀬とか…そんな感じ。コミックと違い最終パートが美鳥サイドになっているのが大特徴。「美鳥が過去に正治に告白しようとしたことがある場所」に訪れ、偶然のタイミングで点灯した噴水のイルミネーションに心を奪われる2人がほほえましく、作為のタイミングで光の並木道でムードを作ろうとした綾瀬の作戦とあきれるほど対照的に写ります。美鳥が正治の右手に出現したのも偶発的事象ですしもう何をやっても綾瀬は報われないと思うとただただ切なさを禁じ得ません。

【綾瀬の妄想】
以前からただごとではない妄想力とは思っていたもののもはや芸術の域(笑)。美化正治が実にお耽美です(笑)。

【日記】
美鳥はいつも日記をつけています。これは元の体に戻った時に消えてしまう記憶と思い出を救う手段になりえるのだろうか。

【個人的に(まあ全てそうだが(笑))】
●モノレールの「星河駅」を別角度から拝めたのが嬉しい(笑)。臨場感…。
●例の印象的なオルゴール曲に歌詞がついて挿入歌になっていてこれがすばらしい!単体で聴きたいなり~。

【次回予告】
右手の沢村…。ラストカットがなんかお耽美なんですが(笑)。

#7#6#5#4#3#2#1

|

« 今日のお仕事(一日中)+コカコーラC2感想 | トップページ | 今日のアニメ1(ふたりはプリキュア #17) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお昼アニメ(美鳥の日々 #7):

« 今日のお仕事(一日中)+コカコーラC2感想 | トップページ | 今日のアニメ1(ふたりはプリキュア #17) »