« 今日のお仕事(午前中) | トップページ | 今日のアイス »

2004.06.17

今日のお昼アニメ(美鳥の日々 #8)

スクリーンショットはあとで貼るかも貼らないかも(お)

★コミック 既刊1~6巻 7巻は2004年6月18日頃発刊予定

★DVD
美鳥の日々 Memory1 定価: ¥12,600 (税込) 発売予定日 2004/07/23
美鳥の日々 Memory2 定価: ¥10,290 (税込) 発売予定日 2004/08/27
美鳥の日々 Memory3 定価: ¥10,290 (税込) 発売予定日 2004/09/24

原作コミックには無い「美鳥と正治が入れ替わる話」。実は夢オチではあるのだけど「夢だったのね、ちゃんちゃん」では全然無いところが凄い!。ある意味夢オチではないのだと思います。夢の中の出来事ではあったけど「夢だったからどうでもいい」「夢なので気にしない」と言った展開は一切無し。夢で見た内容は重く・深く美鳥と正治の身に心に染み入るのです。貴重な全13話のうちでオリジナルの話として本数を数えるだけの事はある、という事。材料はありふれているけど調理方法が巧いのです。

【あれ?分岐あり?】
●目覚めたときに2人が入れ替わっている事に気づく場面
●フィギアショップ「ブルーサブマリン」に入店する場面
上記2つの場面は2回ずつ異なった展開で描写されています。夢ならではの不条理?。むしろ美鳥側願望正治側願望を微妙に反映した分岐の結果という感もあります。劇中での説明は無しです。

【耐久力】
美鳥は扉や壁に叩きつけられてもコブひとつできてませんでしたが正治はしっかりコブ二つ貰ってます(笑)。柔よく剛を制す?(違)

【かっこいい高見沢】
フィギアショップで正治の服選びに熱中する美鳥のスカートの中(!)を盗撮しまくる輩出現!今にもキレそうになる正治だが美鳥のために自分を抑える姿が美しい。そんな窮地を救ったのは誰あろう高見沢でした。台詞もやたら格好良く「君のようなヤツはこの店に来る資格はない!。もっとプライドを持ち給え!」の意味合いも実に深い(笑)。手際良く携帯の画像メモリを消去する様も見事です(笑)。
教訓1:オタクはプライドを持て(笑)
教訓2:美鳥ちゃんスカート短すぎ(笑)(教訓じゃないぞ)

【美鳥の友人】
すっごく良い子だ!(笑)あとオーバーニーソックス(笑)。

【涙のわけ】
彼女に嘘をつきまくったことに心を痛める美鳥ですが
遂に理由のわからない涙を流し始めます。驚く正治ですが、

「何してる!すぐに追いかけろ!」

この台詞が出てくるところが「美鳥が好きになった正治」なんですね。良いなあ…。

アニメはアニメのアプローチで「美鳥に現状の問題点」を悟らせていく試みがあるところが素晴らしいです。
次も楽しみ!

#8#7#6#5#4#3#2#1

【午後お仕事(笑)】

【13:20】本日のブルックスドリップバッグコーヒー3杯目は『モカ』。何を飲もうか迷っていると他の人が淹れたモカの香りが漂ってくる…。まあそういうこと(笑)。

|

« 今日のお仕事(午前中) | トップページ | 今日のアイス »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「オーバーニーソックス」カテゴリの記事

コメント

今更かもしれませんが、

>【あれ?分岐あり?】
について。

自分も最初「アレ?夢ならではの(同じことが繰り返されるという)非現実的展開?」と思ったんですが、あるサイトでは、これらの“2回ずつ異なった展開”は、それぞれ正治と美鳥が見た夢ではないか、と書いてあり、自分もこちらが正解なのではないかと思います。


美鳥の日々、面白いですよね。Youtubeでも外国人に評判ぽいですよ。ではでは。

投稿: 通りすがり | 2006.11.10 22:53

>通りすがりさん
ずいぶん昔のエントリにコメント下さって大変ありがとうございます。自分でも「どんなこと書いたっけ?ヾ('-';)」と内容読み直してからあらためてコメント拝見させて頂く有様(笑)。なるほど、エントリ書いた当時は2人のそれぞれかなとぼんやり思い内容記述したわけですが概ねそういう解釈が多い訳ですね。それにしても当時のエントリを読むと自分でも「真面目に書いてるなあ(;^^)」と自分で感心したり(笑)。またこの当時のようにまともな感想が書けるようにしていこうと思います。

投稿: LAY | 2006.11.12 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお昼アニメ(美鳥の日々 #8):

« 今日のお仕事(午前中) | トップページ | 今日のアイス »