« 今日は | トップページ | 馬鹿と風邪 »

2004.12.02

昨日読んだ本(週刊少年マガジン 1号+サンデー 1号)

ぅあ出版業界はもう

年明け

ですよあけましておめでとう(笑)。出勤途中にちょい読み。

★週刊少年マガジン 1号

●はじめの一歩 森川ジョージ
青木さんはがんばった。ちょっとだけかっこいいと思ったゾ。月並みだけど世界の壁厚い。…とそこで常識ぶちこわしてるのは鷹村。「必ず殺すと書いて必殺」…同感。あんたでたらめ過ぎ(笑)。

単行本情報


はじめの一歩 71 (71)
森川 ジョージ

海皇紀 23 (23) はじめの一歩―The fighting! (70) からくりサーカス 35 (35) ZETMAN 4 (4) 蒼天の拳 11 (11)

by G-Tools

●スクールランブル 小林 尽

ひっぱるひっぱるサバゲー編。播磨の悪役っぷりが冴えまくる。

気持いいほどの悪っぷり

花井が「美コちゃ~~ん」言うのが違和感…。
天満ちゃんは烏丸くんといい雰囲気だがあきらの掌の上なので無効臭い(笑)。そもそも蝶絶無敵のにぶさを誇る天満ちゃんだからこの程度はそもそもノーカウント(笑)。

単行本情報

School Rumble 7 (7)

小林 尽

講談社
2004-12-17
売り上げランキング 381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
School Rumble 6 (6) School Rumble 4 (4) School Rumble 3 (3) School Rumble 7 限定版 (7) School Rumble 5 (5)

テレビアニメ絶賛放映中とても面白い

●魔法先生ネギま! 赤松健

ネギ君と明日菜の仮想デート。ふつうに面白い。かりそめの姿&貸し与えられた言葉で明日菜に投げかけたメッセージよりも、本来の姿で内面からわき上がる自分の言葉で伝えた思いの方が明日菜の心を揺らす、という正統派のお話が熱い。しかし今回は個人的に「明日菜にぶっとばされてブレイクダンス並の倒立回転リアクションの勢いありすぎて一瞬で禿げそうな絵」に吹き出しまくり。

単行本情報

魔法先生ネギま! 8 (8)

赤松 健

講談社
2004-11-17
売り上げランキング 162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法先生ネギま! 7 (7) 魔法先生ネギま! 6 (6) 魔法先生ネギま! 5 (5) 魔法先生ネギま! 4 (4) 魔法先生ネギま! 3 (3)

★週刊少年サンデー 1号

●金色のガッシュ!! 雷句誠
ぶははははははははははは。キレたティオ可笑しすぎ。誰も逆らえない。さりげに新呪文取得がよろしい。最後のコマ「とめぬのか?…清麿」とガッシュに問われひたすらおろつきまくる清麿が「嫁と姑」の板挟み旦那みたいでひたすら可笑しい。

単行本情報

金色のガッシュ!! 18 (18)

雷句 誠

小学館
2004-11-18
売り上げランキング 2,636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
金色のガッシュ!! (16) 金色のガッシュ!! (17) 金色のガッシュ!! 15 (15) 金色のガッシュ!! (13) うえきの法則 15 (15)

●史上最強の弟子ケンイチ 松江名俊
「魔王」新島のぎりぎりバトル…が拝めるとはおもわなんだ(笑)。そしてジークフリートが本気で新島に心酔しており、新白連合の真実を正しく理解していることがはっきりと解る熱い回。名実ともに命を賭けるとは…。目が離せない。

そしてコミックス側のお話だが最新12巻で好きな台詞

「わたしの主(あるじ)は私だ。」

「武器の主になる前に、自分自身の主にならなければ。」

この2つ。本作は格闘アクションという特殊な環境内のお話でありながら武道家の範疇にとどまらない「生き方」「勇気」「正義」を借り物でない言葉で作者が紙面を使って投げかけてくれる良作と思えて仕方がない。ギャクのキレ良しアクションも唸らせられテンポも良し。大好き。

単行本情報

史上最強の弟子ケンイチ 13 (13)

松江名 俊

小学館
2004-12-17
売り上げランキング 11,718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
からくりサーカス 35 (35) 焼きたて!!ジャぱん 15 (15) 史上最強の弟子ケンイチ 12 (12) 史上最強の弟子ケンイチ 7 (7) 史上最強の弟子ケンイチ 11 (11)

●こわしや我聞 藤木俊
巧い!。この方はほんとにマンガが上手。もっとも感心したのはマンガのシステム上の特徴をきちんと理解していること。マンガとは

ページをめくると2ページとも目にはいってしまい


ページをめくるまでは次のページは目に入らない

というもの。この当たり前のことを理解した上でコマを配置してくととても面白いことになる。ページをめくる間に

描いてない絵を読み手に想像させる

ことも可能。今回それが綺麗に存在。
「すれ違う仙術使い」「お互いの能力を察知」。これを見開きを巧く使い進行させ。ページをめくるとそこには

ぶつかりあってる拳

がいきなり目に飛び込んでくる。…これは気持いい。

単行本情報

こわしや我聞 3 (3)

藤木 俊

小学館
2004-11-18
売り上げランキング 2,797

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こわしや我聞 2 (2) こわしや我聞 1 (1) 結界師 5 (5) いでじゅう! 10 (10) 暗号名はBF 3 (3)

●からくりサーカス 藤田和日朗
とてもいい話。運の無いミンシアがどうやって勝利をつかみ取るか。人間思い詰めると視野狭窄になる好例。じいさんのアドバイス最高。

何も相手が勝手に決めたルールに従うことはない

という部分が最高。期待してやまなかった「一撃」は最大最高の効果を発揮。つかえてたものが全て流れる。…溜飲を下げるてのはこういうことなのね。

単行本情報

からくりサーカス 35 (35)

藤田 和日郎

小学館
2004-12-17
売り上げランキング 840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
からくりサーカス 34 (34) 史上最強の弟子ケンイチ 13 (13) はじめの一歩 71 (71) からくりサーカス (33) 海皇紀 23 (23)

|

« 今日は | トップページ | 馬鹿と風邪 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日読んだ本(週刊少年マガジン 1号+サンデー 1号):

» 今週の週刊少年サンデー [Wonderful Miyashita's House]
珍しく週刊少年サンデー の感想を書きたい気分になったので、がーーっと行ってみる。 まずは「金色のガッシュ!!」。ティオが怒りでジョージ秋山顔になっているのに笑っ... [続きを読む]

受信: 2004.12.02 17:36

« 今日は | トップページ | 馬鹿と風邪 »