« 今日はお仕事出勤 | トップページ | 昨日読んだ本(週刊少年サンデー 22・23合併号+週刊少年マガジン 22・23合併号) »

2005.04.27

今週の武装錬金+DEATH NOTE(週刊少年ジャンプ 21・22合併号)

今週の武装錬金+DEATH NOTE(週刊少年ジャンプ 21・22合併号)
ちっと更新停止してました。

武装錬金週刊連載打ち切り終了のショックで!

…というわけでもないけど残念には違いなし。

【メモランダム】
■体重:64.0kg
 
■レギュラー:118円/L
 ハイオク :131円/L
 微妙に安定。

5月から2円/L値上がり予定

らしく…。

★週刊少年ジャンプ 21・22合併号

●DEATH NOTE 大場つぐみ原作・小畑健作画 page.61

ちょい時間さかのぼってメロとニアが袂を分かった場面が。2人ともLの後継者に相応しい似て具合をあれこれ見せてる模様。ライトにしてみればこれまで以上に厳しい闘いがありそなわけで「Lがいないとぬるい…」との思いを埋めてくれる状況になりつつ。よかったねライト。そして…さらわれたかもしれぬ

粧裕がよくねぇええええ!

もう同人誌ネタが妄想出来る(お)。

コミック情報

最新6巻発売中

DEATH NOTE 6 (6)

大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2005-04-04
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
DEATH NOTE 5 (5) DEATH NOTE (4) DEATH NOTE (3) DEATH NOTE (2) DEATH NOTE (1)

●武装錬金 和月伸宏 72話 【最終回】

残念ながら週刊連載終了。もう和月さんはサンデーにでも移っていただきたいキモチ。まだ習慣じゃないほうのジャンプ夏号で「完結編」の展開がある模様なのでとりあえず「習慣での最終回」となるがこれはこれで綺麗に終わりと感じる。…謎は残りまくりだが…。カズキと斗貴子さん始めパピヨンマスク、剛太、他のキャラそれぞれに気持ちの発射台の方位角度がピタっと定められたかのように思わせてくれる台詞と表現がいい。「俺が世界を守るから…誰か俺を守ってくれ…」のおそらくこの作品中で

カズキ唯一の弱音

にカズキを傷つけることなくそっと答える斗貴子さん。互いの絆を確かめるようにそっと唇を重ね合う2人がういういうですういうい!。扉絵がその後の「照れ顔の2人」てのも好き。これで終わりでもいい気もするけどやはり完結編を楽しみにしよう。
一番心に届いた台詞は実はパピヨンマスクの

「選択肢なんてものは自分で創り出すもの」

てのに決まり。これはぐらっとくるです。希望が残されてない、もう選択肢のないはずの状況から自分が選択出来る道を自ら創り出す。それこそが諦めない気持ち生きる力奇跡の発露…言葉が綺麗で胡散臭いけど確かに

選択肢を創り出すという選択肢

があるのだなあ、と思わされたりしたわけ。…ところでこのパピヨンの台詞は冒頭でヴィクターの娘が発した「あなたたちにはまだ選択肢があって良かったわね」という皮肉ぽい台詞に対応しているわけで裏を返せば彼女には選択肢が無かったので今の状況になってしまった。ということか。その意味は完結編で明かされるだろうか。

こんな大好きな作品が打ち切り状態で終わることを諦めない選択肢を創り出したい…。

コミック情報

最新7巻発売中

武装錬金 7 (7)

和月 伸宏

集英社 2005-04-04
売り上げランキング : 1,385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
武装錬金 6 (6) 武装錬金 5 (5) 武装錬金 4 (4) 武装錬金 3 (3) 武装錬金 2 (2)

【過去の武装錬金関連記事】


|

« 今日はお仕事出勤 | トップページ | 昨日読んだ本(週刊少年サンデー 22・23合併号+週刊少年マガジン 22・23合併号) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の武装錬金+DEATH NOTE(週刊少年ジャンプ 21・22合併号):

« 今日はお仕事出勤 | トップページ | 昨日読んだ本(週刊少年サンデー 22・23合併号+週刊少年マガジン 22・23合併号) »