« 今日はおそばん(涼宮ハルヒの動揺 読み中) | トップページ | 涼宮ハルヒの動揺 読み終わり »

2006.06.10

ラーメンとメロンパン

食べてきた。いや訂正、ラーメンは食べてきてメロンパンは買ってきた。まずラーメンは「長浜系の九州とんこつラーメン」だ。麺が細麺で硬い(標準状態)、希望を出せば普通麺と柔麺にしてもらえるらしい。そしてあちらの方にはおなじみであるらしい「替え玉システム」も常備、麺のみ120円でおかわりができる仕組みで「かえだまちょーだい!」と発声すればゆであがった麺をちゃぽりとどんぶりに投入してもらえるのだ。さてその硬細麺は実に歯ごたえが良く歯で麺をぷつんと切るのも心地良い。白く濁ったとんこつスープは一切の臭みを発せず野菜の甘味が際だっており絶妙な塩加減と調和しいくら飲んでも飲み飽きないものに仕上がっている。とにかくこれは美味い。
20060610_01
今回は2人で店に赴いたのでそれぞれ違うものを注文。実は上記のとんこつラーメンは同行者が注文した物でそれをまるで全て自分が平らげたかのように書いてしまう自分に少しだけ感心しつつ以下は注文した方の「味噌ラーメン」について言及する(笑)。こちらは九州のあらゆる(?)味噌を加えたというような気分の辛みの選べる味噌ラーメン。今回は「大辛」としたが「辛みなし」「中辛」「大辛」「激辛」と選べるらしい。LAYは辛みには強い方で辛い物も好きなので辛みを選んでみる。ただし世の中には

良い辛みと悪い辛み

が存在し良い辛みは辛さはあれども他の塩味やら甘味やらも感じられる物だが悪い辛みとはただ「辛いだけ」の「つらい」味だ(笑)。それを懸念しつつ「大辛」にとどめておく(どどめて?(笑))。実際口にしたその辛みは上記の悪い辛さとは無縁の物であった(´ヮ`*)。そして写真でも良い感じに湯気が立ち上っているがこの湯気か鼻孔に届ける味噌の香りは実に香ばしく食欲をかきたてる物であった。非常に複雑で滋味を感じる複雑な合わせ味噌の香り、赤みその濃厚さと荒々しさ、白みその上品な甘い香りとすがすがしさが一緒くたになっておりとても贅沢な気持ちに。麺の方は先のとんこつラーメンと対極を成す「太くて断面が正方形」な実に男らしい麺。だかこれのぷつ切り食感も素晴らしく、また麺表面のつる感、腰の強さ共に感覚全てを楽しませてくれる物だ。ただしスープにどんがりと唐辛子とキャベツが入ってるため麺をつるつると吸い上げることは不可能(笑)まさにサルベージのような作業で麺を掘り起こしては口に運びつつその辛さにも耐える作業(笑)。具はあっさり少なめなため何かトッピングとして加えるのが良いかも知れないと思った。実に食べ応えがあるラーメンで満足度は高かった。近いうちまた別な物も試してみたい。
20060610_02


|

« 今日はおそばん(涼宮ハルヒの動揺 読み中) | トップページ | 涼宮ハルヒの動揺 読み終わり »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うまそーだなー
ラーメン大好きみゆゆんにはたまらない画像です

投稿: みゆゆん | 2006.06.10 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14526/10469760

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンとメロンパン:

« 今日はおそばん(涼宮ハルヒの動揺 読み中) | トップページ | 涼宮ハルヒの動揺 読み終わり »