« 先日見たアニメ(涼宮ハルヒの憂鬱 #14【完】) その1 | トップページ | 先日読んだ本(週刊少年マガジン32号+週刊少年サンデー32号) »

2006.07.13

涼宮ハルヒの考察2

さて、ココログも無事復旧し、どうやらレスポンスも向上したような気がする・・・となるとかくなる上はアニメ涼宮ハルヒの憂鬱#14話の感想記事続きを書かねばなるまい。ちと腰は重いが(笑)。
ここで先日来「ふと気が付いたこと」をメモとして書き留めておいたことがある。これを限定モードで単独発生させておく事にする。「LAYさんまた妙な事考えているな?ヾ('-';)」とご笑覧頂きたい。

最終回でキョンが「自分にとって涼宮ハルヒは何だ?」と自問と韜晦のあげく1つの回答に辿り着き、告白に至るのだがこの場面を見返していて突然気が付いたことがる。「涼宮ハルヒの憂鬱IV」で「消えちまった」朝倉涼子が長門との戦闘中に発した「呪文」。これは解析(逆再生しつつ速度変更すると通常言語として認識できる)することで我々が認識可能になるのだが「好きなんでしょ、解ってるくせに」と聞こえる。「呪文」が聞き取り可能なものに変換可能であると初めて聞かされたときにその情報元サイト上の記述では『「キョンくんのこと好きなんでしょわかってるくせに」と聞こえた』との内容で記載されていた。しかしLAYには「キョンくんのこと」という部分は聞き取れなかったのでそれは情報提供者の思いこみかもしれない。しかしそのような文章を1度目にしたこと、この「呪文」が長門有希との対峙中に発せられた呪文であることも手伝ってLAYもなんとなくそのセリフの向けられた相手は長門であるように感じていた。・・・しかし実は相手は長門ではないのではないかと思い当たったのだ。もしやこの朝倉のセリフはキョンに対して発せられた物ではないか?。朝倉がキョンを教室に呼び出して「涼宮さんのことどう思ってる?」と「告白」まがいの確認作業をしたこと、そして朝倉が消える時に「それまで涼宮さんとお幸せに」というセリフを発したこと。特に後者には唐突感と違和感を感じていたのだがあの呪文がキョンへのセリフであったとすればすんなり納得可能なのだ。朝倉涼子の呪文は「あなた(キョン)は涼宮さんのことを好きなんでしょ?わかってるくせに」という意味でキョン宛に発せられた物なのかもしれないのだ、と。

|

« 先日見たアニメ(涼宮ハルヒの憂鬱 #14【完】) その1 | トップページ | 先日読んだ本(週刊少年マガジン32号+週刊少年サンデー32号) »

涼宮ハルヒの憂鬱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14526/10914872

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの考察2:

« 先日見たアニメ(涼宮ハルヒの憂鬱 #14【完】) その1 | トップページ | 先日読んだ本(週刊少年マガジン32号+週刊少年サンデー32号) »