« なんかあったけど何でもない日 | トップページ | 今日はネタがない+DVD発売予定(GEAR戦士電童) »

2006.11.13

今日買ってきたアイス(ロッテ雪見だいふく生チョコレート)

公式サイト?
もはや定番中の定番。スタンダードでロングセラーでヒット商品である「雪見だいふく」アイスに新味登場。お友達のみゆゆんさんが

調査せよヽ(・_・)

とおっしゃるのでさっそく買い込んできた ミ(o゜▽゜)ノ

あっという間に

母親に食われた  _| ̄|○

気を取り直してこっそりへそくってた方を取り出した
 ゜.+:。ヾ(*゜д゜)ノ゜.+:。食べてみよう…
まずパッケージ
2006_11130051
「冬にアイス」というコンセプトであり純白の「雪」をモチーフとした元祖雪見だいふくに対しチョコがテーマであるため当然のようにパッケージもチョコ色に!本家の白に対しまぁほぼ黒のイメージ。雪国の住人であるLAYにはこの色の取り合わせは春の訪れを連想させるもの。そう、チョコの色は土の色なのだ…
まそれはともかくヾ('-' )
2006_11130052
蓋をめくってみるとおなじみの「もち表面」とご対面…だがこれもチョコ色で染め上げられており、元祖と同様粉を振ってある。この粉はパッケージとの癒着を防ぎ餅表面のさらさら度を保つためにあるのだと考えられるがこのチョコテイスト版においてはその餅の色とのコントラストを楽しむことまでもが可能。ちょっと凝った和菓子の趣きさえあると言えよう。

さっそくかじってみる(・~・)
2006_11130053
餅の味は色付いてる割に元祖とそう変わらない味。ほんの少しだけ風味が違うかなくらいと思えた。そしてメインのヴァニラ・アイスは相変わらず程よい甘さと歯ごたえで「雪見だいふく」らしい微妙なバランスを実現している。先日AEONで購入したミニストッププロデュースの雪見だいふく対抗製品はしっかりした厚みの餅をおごってあり確かな餅部分の歯ごたえが実に小気味よかった。そしてこの分量をけちったかのような雪見だいふくの餅の薄さはすぐにアイスに到達出来る喜びとアイスの分量が多いかのような錯覚を起こさせ他に真似の出来ない雪見だいふくらしさを醸し出しているような気がする。その分量と固さと味のバランスはこのチョコ味版でも何ら変わる所はない。

ならこの「生チョコレート」味は何の意味も無いのではないか?と結論づけられてしまいそうだが決してそのようなことは無い。パッケージにもその

活躍想像図

が描かれてるようにこのアイスの中枢部には「生チョコ」が鎮座ましましているのだ。果たしてその味は?固さは?待て次号!!…うそヾ('-';)待たなくていいヾ('-';)すぐ次に進むだけヾ('-';)

(・~・)もふ・・・もふ・・・・
2006_11130054

チョコだ~(´ヮ`*)

やわ~い!こうばし~い!
ん~美味い(・~・)これはまさに生チョコそのもの
そして意外と主張が激しく強い香りを放っている。このアイスを構成する他のパーツ「餅」や「アイス」に全くひけを取らない主張が感じられた。これは3つのパーツが適度に主張しあって元祖「雪見だいふく」とは全く違った鮮烈さと味わいと風味を提供してくれる。
いいね(´ヮ`*)

ただ惜しむらくは生チョコの分量が結構少ないということ。これはもっと多くても困らないと感じた。きっとコスト面の問題かなあ?

発売は2006年11月6日より ローソンにて126円で保護


|

« なんかあったけど何でもない日 | トップページ | 今日はネタがない+DVD発売予定(GEAR戦士電童) »

「アイス」カテゴリの記事

コメント

調査ご苦労く(`ー´)

そうか、チョコはうまかったか
良い感じだな。定番の味を打破するにはこういう奇抜な商品も良いな。
ぜひ私も試してみようぞ

投稿: みゆゆん | 2006.11.13 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14526/12673777

この記事へのトラックバック一覧です: 今日買ってきたアイス(ロッテ雪見だいふく生チョコレート):

« なんかあったけど何でもない日 | トップページ | 今日はネタがない+DVD発売予定(GEAR戦士電童) »