« ともみの誘惑 -絶対愛沢- 発刊予定! | トップページ | 愉快な出来事【どじっこ?】 »

2006.12.11

今週の習慣少年ジャンプ 02号

週刊少年ジャンプ 02号
今回あまりに

えろいので(´ヮ`*)

ちょっと取り上げてみる(笑)
■「BLUE DRAGON ラルΩグラド」
産まれる英雄!天地の開闢!!創りあげしは新世界!!! 

新連載2回目の「ラルΩグラド」。1回目からえろーす全開だったが連続カラーかつ増ページである今回もまたえろえろ…ずっとこの路線で行くのだろうか?(笑)もっとやって下さい。でもエロスはほどほどに(どっちだよ…)
今回特にえろーす感じたのはこの
20061211_01
捕らわれた人間の少女の影の中にカゲが侵入する場面。入られた少女の人格はとんじゃうので猟奇的愉悦までもあるちょと危ない場面だ。相変わらず小畑健さんは絵が巧い。直接お話しはかんけー無いけどXBOX360のゲーム「ブルードラゴン」とタイアップ作品なのであっちもこっちも盛り上がって欲しい。この漫画のおかげでゲーム版に興味が沸いたという人も少なくはないだろう。
20061211_02
「英雄色を好む?」勇者っぽいけど色ボケ主人公ラル。…というか単に覚えたてで女体にはまってるだけだったりする。たちわるー(笑)。ありがちのキャラ立ち具合だけどまぁ悪いことはない。巧くやればホット&クレバーな主人公として仕立て上げられそうに思う。

ブルードラゴン(特典無し)
ブルードラゴン(特典無し)
マイクロソフト 2006-12-07
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Xbox 360(通常版) デッド オア アライブ エクストリーム 2 特典 常夏のハッピートランプ付き DEAD RISING(デッドライジング) ロスト プラネット ~エクストリーム コンディション~ 特典 ハイクォリティビジュアル設定集付き カルドセプト サーガ

そーいや曲は凄くいいね。長時間聴いてると「お、この部分良い」なんて思えるところが何カ所も出てくる。そして繰り返しの視聴に耐えられる。ゲーム音楽かくあるべしという感じだ。よってこちらも欲しくなってくる(笑)
「ブルードラゴン」オリジナル・サウンドトラック
「ブルードラゴン」オリジナル・サウンドトラックゲーム・ミュージック

アニプレックス 2006-12-13
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
FINAL FANTASY III オリジナル・サウンドトラック DS版 (DVD付) Eternity 私の涙と空 PROJECT SYLPHEED Original Soundtrack カルドセプト サーガ オリジナル・サウンドトラック

■「To LOVEる -とらぶる-」
この作品があざといえろさを発揮しまくってるのは羞恥の事実…いや周知の事実(笑)。…にしてもただえろくしようとだけ思っても必ず表現力が付いてくるとは限らない。その点でこの作品は見事と言える。雑誌連載時と単行本収録時の絵の違いなんぞもかなりのこだわり。お話しがもちっと練り込まれてれば文句ないんだけどまー目をつぶろう(えー)とにかく女性の身体の描き方見事。その肌のなめらかさ、曲線の優美さ、弾力、柔らかさなどなどがちゃあんと伝わって来る。
20061211_0320061211_04_1
そしてアングルはあざといがそれにより絵のバランスが不自然になったりしてないとこも良い良い良い。

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる 1 (1)矢吹 健太朗 長谷見 紗貴

集英社 2006-11-02
売り上げランキング : 73

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エム×ゼロ 1 (1) ユリア100式 2 (2) ユリア100式 1 (1) みなみけ 3 (3) 明日のよいち! 1 (1)

こっからは えろーす じゃないけど(笑)

■「エム×ゼロ」
20061211_05

ツンデレフォーマットに合致し過ぎ(笑)

な場面あり。はまりすぎぐあいに吹き出した。どこぞのお話しだと「言い始めの1文字を2回繰り返して語尾に『だから!』」を付けるとツンデレ台詞になるんだとか。まんまだな(笑)。ちなみにこの作品自体は面白くて好き。テンポ良し・バトルシーンの迫力良し・女の子の絵可愛ゆし。この作者さんの前作「プリティフェイス」もそのあたりの良さはまったく同じで、LAYはお気に入りで毎週購読&単行本全巻購入だったりする。

エム×ゼロ 1 (1)
エム×ゼロ 1 (1)叶 恭弘

集英社 2006-11-02
売り上げランキング : 403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
To LOVEる-とらぶる 1 (1) みなみけ 3 (3) ユリア100式 2 (2) 明日のよいち! 1 (1) ユリア100式 1 (1)

■「P2! -Let's Play Pingpong!」
主人公の性格とキャラクター同様作品全体の存在感が若干希薄&軽めで先行きが心配な作品。でもちらりと光る部分はある。ピンポンに関する知識も豊富らしく読んで「なるほど!」と思う部分も少なくない。ところで今週はこんな素敵な
20061211_06

オーバーニーソックス

があったのでちょいと言及しただけだったり(おい)
さて見た目意志の強そうなツリ目が素敵な彼女。クールさんなのだが実はこの場面は「彼女を女の子とは思ってなかった主人公が女性用シャワー室であることに気づかず全裸のニアミスするもそれでも女性であると気づかずシャンプーなど借りてしまいシャワー室から出た時に着替え完了の彼女を目にした場面(長いよ)」だったりする。いろんな意味なかなかいい展開いい性格。

|

« ともみの誘惑 -絶対愛沢- 発刊予定! | トップページ | 愉快な出来事【どじっこ?】 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の習慣少年ジャンプ 02号:

« ともみの誘惑 -絶対愛沢- 発刊予定! | トップページ | 愉快な出来事【どじっこ?】 »