« ふぐの日 (今日のテーマ) | トップページ | 昨夜のおいしい夕ご飯 »

2008.02.10

映画「L change the WorLd」見てきた

L change the WorLd

WatariのWとLが強調されてるタイトルロゴがにくい
劇場の着座席は同行の友人がL席でLAYさんがM席(笑)

きっちり楽しめる良作。
前作映画「DEATH NOTE」を見たとき、そのあまりの役作りの凄さに主役のライトそっちのけで一目惚れしてしまった松山ケンイチ君演じる「L」。彼の一本立ち作品を公開と共に拝んできた。
任侠映画なら見終わって劇場を出てくるときは内容に影響されて

いかり肩

で皆出てくるものだがこの映画の場合、見終わって外に出るときには

皆猫背(´ヮ`*)

になって出てくるとか出てこないとか(笑)

とにかくこの映画、原作や前作では「絶対見ることのできない」Lの3態が拝めるのでそれだけでも見る価値はある(ほんとかよ…)

ひとーつ:背筋のシャンと伸びたL

ぶっ.・:'.・:'.,.(´ヮ`*)
これはあり得ない。背筋を伸ばすときにぼきぼき鳴り響く関節音が可笑しいしすぐに元の猫背に戻ってしまう復元力もまたおかし。やはり猫背でないと推理力はダウンしてしまうのだろうか?

ふたーつ:子供乗せ自転車で疾走するL

お話の展開上子供乗せ自転車に中身を乗せて逃避行する場面があり。この場面で上り坂頂点に陽炎とともに徐々に姿を現すLの絵面がものすごい。シリアスかつユーモラス。緊張しつつ弛緩。悲壮であり愉快。なんだか圧倒的な情報量を持つ絵がそこにあるというその事実におかしみを禁じ得ない。

※「子供乗せ自転車」:ハンドルポストに子供用バスケットが組み込まれてる自転車。子供の体重による操舵への影響・バランスなどを極限まで考慮され創られている。商品として「ふらっかーず」(ふらつかない>ふらつかず>ふらつかーず>ふらっかーず)や「アンジェリーナ」(あんぜん?)などが存在する。いずれも洒落を聞かせた心憎いネーミング。劇中の個体はどの商品か判別は付かなかった。


みっつ:自前の足で疾走するL

これまたあり得ない「走るL」。これは結構かっこいい。しかも「きっとLならこう走る」と思わざるを得ない特殊な走り方。これもやはり松山さんが自分で考案したのだろうか?素敵な疾走ぶりに惚れ直す(笑)

尺は2時間以上と長丁場だが特に中だるみもなくちゃあんと全編楽しめる作品。B級以上のエンタテイメント。数ヶ月後にはDVDのコレクションが1本増えそうな予感。

20080209_11

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香

バップ 2007-03-14
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~ DEATH NOTE Vol.3 DEATH NOTE Vol.4 DEATH NOTE Vol.5 DEATH NOTE 2


|

« ふぐの日 (今日のテーマ) | トップページ | 昨夜のおいしい夕ご飯 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14526/40062638

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「L change the WorLd」見てきた:

» 子供乗せ自転車 が激安 [子供乗せ自転車 が激安]
子供乗せ自転車 が激安,子供乗せ自転車 が激安,子供乗せ自転車 が激安 [続きを読む]

受信: 2008.02.13 12:49

« ふぐの日 (今日のテーマ) | トップページ | 昨夜のおいしい夕ご飯 »