« 怠惰過ぎるΣ( ̄□ ̄;) | トップページ | 先日ラジオで »

2009.02.17

さて読み進めているのは(とらドラ!1)

とらドラ!1
とらドラ!1ヤス

アスキー・メディアワークス 2006-03-25
売り上げランキング : 453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とらドラ〈2!〉 (電撃文庫) とらドラ〈3!〉 (電撃文庫) とらドラ! 4 (4) (電撃文庫 た 20-6) とらドラ! 5 (5) (電撃文庫 た 20-8) とらドラ! 6 (6) (電撃文庫 た 20-9)

この本をじわじわ読んでるわけ。進捗度はまだ40%といったところでアニメで言えば第1話分もまだ終えてないあたり。しかしこの作品のアニメを最新19話まで観終えたあたりで様々な感情を想起されこの作品を深く知りたいと思うようになった。アニメの随所には小説版を知る者が目にすれば手を叩いてやんやと喜べる要素もかなり仕込まれており、さらにはアニメ自体も最新話を観た後に序盤を観るといろんなことが見えてくる。序盤のとある場面で「お前ら解っちゃ居ないなあ」と思えた連中への評価が180度逆転するような仕掛けが施されている。振り返ると「ぎゃ!むしろ解ってないのはこっちの方だよ!」となる。これは小気味よいが恐ろしい。完全に作者にはめられているのだ(笑)。この快感をさらに味わうために小説版を読み進め、アニメもコミック版も何度も味わい返すことにする。これからLAYさんのかなり幸せな日々が始まることだろう。この小説の1が刊行されたのは2006年の春だからちょうど「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメにうつつを抜かし始める頃。そんなときに他の作品にも同様の思いを込める事が出来るほど器用なLAYさんではなかった。が、2007年頃に書店でこの作品の事を知った後は「この作品はいつかブレイクする」と、直感だけはしていて、「ならブレイクしたら波に乗ろう」と打算していたのだ(笑)。アニメが予想を遙かに超える出来であったのが嬉しい誤算。現在が一番のお祭り期間なのだからこの時期にかぶれるのが幸せなのだ。

|

« 怠惰過ぎるΣ( ̄□ ̄;) | トップページ | 先日ラジオで »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて読み進めているのは(とらドラ!1):

« 怠惰過ぎるΣ( ̄□ ̄;) | トップページ | 先日ラジオで »