« 気になるワイン(イエローテール モスカート) | トップページ | ちょっと大変な事態 »

2010.04.11

復活の担々麺(龍月館)

土曜日はちょいと早起きして映画を2本はしごしたのだった。1本目は「魔法少女リリカルなのはMOVIE THE 1ST」。2ヶ月前に仙台まで足を伸ばしたというのに満席で鑑賞すること叶わなかった作品だ。2本目は「プリキュアオールスターズDX2」こちらはもともとこの日に鑑賞する予定ではなかったが、たまたま映画館の前を通りかかったところ最終上映2分まえだったので勢いで飛び込んだのだった(笑)。これらの映画の感想については別の記事に譲るとして1本目の映画を観た後外に出た頃には既にお昼。どこで食事をしようか思いを巡らしたところ思いついたことがあった。今年の初めに復活を遂げたと思われる「龍月館」という担々麺を出す店だ。もうこの情報だけで映画を観た街がどのあたりなのかバレバレなのだがあくまでもとぼけておこう。某市にその昔存在した「龍月館」。LAYさんはそこの担々麺700円と炒飯がかなり好みだった。胡麻の効いた歯切れの良い辛さのスープに香りの良い細麺。歯ごたえのあるニンニクの芽とあっさり上品な鳥肉の取り合わせは見事で食べるほど空腹が増すような担々麺だった。それが何年か・・・もしくは十何年か前に姿を消し、残念に思っていた。それがたまたま先日偶然店のノボリを発見。名前は同じだが昔の龍月館と同じ龍月館なのかずっと気になっていたのだ。なのでこの機会に店に行ってみることにした。

20100411_01

店の入り口。暖簾と広告塔が良い感じ。

20100411_02

メニュー。ここが復活したのは1月末だが3月の末になんと新メニューが加わっている!。元祖の担々麺を食して味を確かめようと思っていたのだが激しく選択を迷わされることに(笑)

20100411_03

他にもご飯ものが充実していた。これならラーメンだけでは物足りない人でも食べ過ぎにならない程度に満足度・満腹度を調節可能。すばらしいラインナップ。ご飯物は後日試して見よう。

20100411_04

結局「新・担々麺」の誘惑と興味にあらがうことは出来ず、そちらを注文した。お昼には少しだけ早い時間に付いたこともありまだ混み始めてなかったことも幸いしてあっという間にラーメンが出てきた。この早さは嬉しい(´ヮ`*)。新担々麺は胡麻やスープの甘さなどに更に工夫を加えた一品らしい。壁ポスターに詳細が書かれていたのだがそちらの内容をひかえるのを忘れてしまった∑く(´ヮ`*)。

20100411_05

これこれ!この細麺が好きなのだ。この細麺でこそスープがほどよく絡んでその味わいを堪能出来る。のどごしもつるっとよろしく快感レベル。その後鼻孔に胡麻やラー油の香ばしさが残り、舌には野菜の甘みが後味として残る。見事な調和。

20100411_06

意外に(失礼)チャーシューが厚く食べ応え有り!。こちらもスープの味と巧く絡んで実に肉肉しい味!

汗をかきつつ汗を拭きつつ麺や野菜を食べ終わり、その後も具材がたっぷり混入されたスープをひたすらすくって食す。くどすぎず、甘みと塩みと辛味のバランスが取れたスープはそれだけでもいくらでも飲み続けられる出来。このバランスの担々麺スープはなかなかお目にかかれない物。まさしく逸品。

大変満足しお会計後店を去ろうとしたところお店の人に「blogに掲載とかするのですか?」と尋ねられる(笑)。今までこんな事はなかったので多少焦りつつも掲載の許可を尋ねサイト名を告げて店を後にする。店内にいらした他のお客さんにもサイト名を尋ねられて更に焦ったがだからといってよいしょした記事を書いたわけではない(笑)。これらの感想は素直に感じたままの内容だ(笑)。

次回以降も試すべきメニューが盛りだくさんだ。今度は友人連中にもこちらの味を是非紹介したいところだ。

 

|

« 気になるワイン(イエローテール モスカート) | トップページ | ちょっと大変な事態 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14526/48060734

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の担々麺(龍月館):

« 気になるワイン(イエローテール モスカート) | トップページ | ちょっと大変な事態 »