« 昨日は | トップページ | ちょっといろいろ »

2010.11.24

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8話小感想

まぁ・・・細かい事は抜きにして(お

いろいろ言われている8話ですがLAYさんは普通に面白かったです。

後半の「黒猫毒舌劇場」はあまりに見事で言いたいことを言ってのけつつ相手の反感を同意と図星でかわしてのけるバランス感覚が絶妙で、カタルシスを感じました。

ラストの桐乃が「何も知らずに得意げでいらつく」なんて意見も見かけますが、LAYさんは「実は桐乃はちゃんと兄や黒猫達が力を尽くしてくれたこと」を感づいているのではないかと思います。

そしてこれは自分では思い至らなかったのですが、やり込められて帰宅した桐乃がふらついて兄の部屋の扉にぶつかったのは「故意」ではないかとの見方も!

まぁこれは深読みしすぎかもしれませんが兄に助けを求める気持ちが表れたサインなのだ・・・と・・・

そう言われてみればそうかも知れないなあ・・・どうなんでしょうね?

まぁそうなのであれば桐乃派であるLAYさんは嬉しいわけですが(笑)

そして「人生相談、次で最後だから」

とアノ台詞が来てしまいました・・・が、少々タイミングが早いのでは?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉 (電撃文庫) 伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキーメディアワークス  2009-04-10
売り上げランキング : 2491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)

|

« 昨日は | トップページ | ちょっといろいろ »

俺の妹がこんなに可愛いわけがない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8話小感想:

« 昨日は | トップページ | ちょっといろいろ »